50代女性のダイエット|高脂血症の肥満からのダイエット

50代女性のダイエット|高脂血症の肥満からのダイエット 50代女性のダイエット
スポンサーリンク

高脂血症の肥満からのダイエットとは?

高脂血症とは、血液中の脂質成分が過剰になった状態をいいます。

脂質のおもなものはコレステロールと中性脂肪です。

 

コレステロールは悪玉コレステロールといわれるLDLコレステロールと善玉コレステロールといわれるHDLコレステロールがあります。

 

前者は、高値のときは血管壁に沈着して動脈硬化を促進しますので悪玉と呼ばれており、後者は逆に動脈硬化を抑制するはたらきをするので善玉コレステロールと呼ばれています。

 

また中性脂肪は脂肪組織で蓄えられ、必要に応じてエネルギー源として利用されますが、過剰に蓄えられると肥満になります。

 

症状としまして、高脂血症の自覚症状はほとんどありません。

そのため、沈黙の病気といいます。

 

コレステロール値が非常に高い状態長い間続くと、手足の関節に脂肪の塊ができてきます。

黄色くこぶのようにもりあがってきますが、痛みは伴っていません。

 

これを黄色腫といいます。

特にできやすい場所は上眼瞼内側や、ひじの外側、ひざなどです。

またアキレス腱が厚くなり、足首が太くなってきます。

 

血液中に中性脂肪が極端に増えてくると、血清が濁って牛乳のように白濁します。

これを乳び血清といい、この場合急性膵炎を併発して急激な腹痛に襲われることがあります。

高脂血症の肥満からのダイエットに行った対処方法、工夫、楽しみ方や苦労と結果

高脂血症の診断は血液中のコレステロールや中性脂肪が正常値を超えて高いときにつけられます。

一般に年齢が上がると高くなりますが、特に女性は閉経後にふえてきます。

 

日本人の場合、血液1dl当たり、コレステロールは220mg以上、中性脂肪は150mg以上を高脂血症とし、HDLコレステロールは40mg以下を低HDL血症とします。

 

高脂血症の治療は食事療法、運動療法、薬物療法に分けられます。

 

肥満の食事療法肥満は、エネルギーの蓄えである脂肪が増えすぎた状態です。

 

適正な体重はBMI(体重(㎏)÷身長(m)の二乗)が22で、26以上は肥満とされまして治療が必要です。

 

原因がエネルギーの蓄えすぎで、エネルギーを少なくすれば簡単によくなるものですが、実際には空腹感が強くなってしまいまして長続きをしませんでした。

 

また、減量に成功しましても再発してしまうことに苦労しました。

 

食習慣を改めないとすぐに戻ってしまいました。

 

肥満はエネルギーの過剰蓄積ですが、健康維持のためにはたんぱく質、ビタミン、ミネラルは必要でありますし、肥満療法には長くかかり、エネルギーの少ない、栄養バランスの良い食習慣をみにつけることがダイエットにつながるということでした。

 

結果としましてなんとか、高脂血症肥満からのダイエットに成功しました。

高脂血症の肥満からのダイエットトをしてみようと思っている方へおすすめやアドバイス

肥満の食事療法肥満は、エネルギーの蓄えである脂肪が増えすぎた状態です。

 

適正な体重はBMI(体重(㎏)÷身長(m)の二乗)が22で、26以上は肥満とされまして治療が必要です。

 

原因がエネルギーの蓄えすぎで、エネルギーを少なくすれば簡単によくなるものですが、実際には空腹感が強くなってしまいまして長続きをしませんでした。

 

また、減量に成功しましても再発してしまうことに苦労しました。

食習慣を改めないとすぐに戻ってしまいました。

 

食習慣としまして、3食同点にしまして、夜は早めに食べることとします。

 

間食、特に夜食は意外に高いエネルギーをとるというもので、身近なところに手軽に口に入れてしまうお菓子などを置かないことも、無意識で食べること、カロリー摂取を防ぐ方法です。

 

肝脂肪は大量飲酒者のほとんどにみられるようです。

肝臓に、中性脂肪(トリグリセリド)が蓄積した状態です。

 

アルコールにより肝臓での脂肪の代謝が障害され、脂肪が肝臓にたまることがおもな原因のようです。

アルコール依存の人が酒から離れることは難しいので気お付けましょう。

 

野菜はエネルギーが少なく、容量が多くて、食物繊維やビタミン、カリウムを多く摂取できますので、体を弱めることがなく、ダイエットのための食として最高でした。

コメント