20代女性のダイエット|置き換えダイエットをしてみた結果

20代女性のダイエット|置き換えダイエットをしてみた結果 20代女性のダイエット
スポンサーリンク

置き換えダイエットの内容と方法

お腹と太ももをどうにかしたかったので、スムージーで置き換えダイエットを始めました。

 

太ももがくっついてきて、お気に入りなショートパンツも入らずショックを受けていたので、ダイエットを決めました。

 

過去に、一週間、睡眠と水だけで生活したら一気に7キロ体重が落ちたことがありましたが、食べたら即リバウンドし失敗したので、絶食ダイエットではなく食べて戻らない、キレイになれるダイエットを考えました。

 

そもそも、元々太っているほうではなくどちらかというと痩せていたので、ダイエットとは無縁でしたので、やり方がわかりませんでした。

 

平日の、朝は野菜、または食べない、昼は、スムージーをゆっくり飲む。

夜は、白米は一口サイズのものとスムージー。

 

ご飯の前にサプリメントを飲む。

といった生活を一週間続けました。

 

元々運動もあまり好きではなかったので楽に痩せて行きたいと思っていたので、食事制限から始めました。

 

休日の一日は休日前の夜から水をカブのみ(一リットルくらい)し、昼までぶっ続けで寝る、少々フラフラになり気持ち悪くなってきたりしますが、そこは我慢して忘れてもう一度寝る。

 

それでもダメなときは味がついた無糖の紅茶をのんで野菜を摂取しました。

置き換えダイエットダイエットに行った対処方法、工夫、楽しみ方や苦労と結果

毎日体重計にのり、少しずつ変化する数字を楽しみ、自分を褒め続けました。

 

ただ、なにも食べない生活は胃を最初は小さくするが、食べたときに体が勝手に栄養を摂取しようと少しでも砂糖などを吸収するときいたことがあったので、我慢できない時や、一日の最後の日に好きな飲料水を二口飲んでいました。(炭酸飲料は除く)

 

また、食事をとるときは、一番最初にサプリメント、白米は絶対最後に食べることや、野菜は350グラム毎日とることを意識して、ダイエットしていました。

 

野菜を最初に摂取することで、胃の中にクッションができるので白米を最後に食べると満腹で少量しか入ることができなくなるからです。

 

また一口入れたら30回は噛む努力をしていました。

 

そして、ゆっくり時間をかけて食べると顎も疲れてくるので、食べることに疲れてきます。

 

始めた初日と次の日はかなりキツイですが、制限をしだすと、胃がだんだん小さくなってくるので、少量しか入らなくなります。

 

入らなかったショートパンツを試しに履いてみると、太ももから止まっていたものが、腰まで入るようになってきたりと、自分を励まし続け、甘いものや、炭水化物、自分の好きなものを遮断させまくった結果、ショートパンツも入るようになり、体重も2日で2キロ落ちましたし、無駄についていたお腹周りの肉も、今はすっかりなくなっています。

置き換えダイエットをしてみようと思っている方へおすすめやアドバイス

一番痩せることは、絶食ですが身体にも悲鳴をあげさせることになるので、それは避けることをおすすめします。

 

最初だけで、あとから一気にきてしまいます。

 

腸内を掃除するために、スムージーなど置き換えダイエットは、一気に摂取できない栄養素がたくさん含まれているので、身体にも優しく、オススメです。

 

食物繊維が入っている野菜などは、砂糖があるわけではないので、太りませんし、水は、なにもはいっていないので、飲んだ分のお水は体重を増加させないのでとても良いです。

 

毎日頑張ってる自分をたくさんほめて、ダイエット中の自分へのご褒美をかったり、食べ物以外の好きなことを見つけ始めると結構楽しくできます。

 

無理なダイエットは身体をこわしてしまうだけですが、置き換えだと最初はしんどくても、どんどん体が慣れてきます。

 

頑張ったその日のうちに、鏡にうつる自分へ、よく頑張ったねと褒めてあげることも、とても大切だと思います。

 

自分を見失わない程度に頑張ったら好きな飲料水を少しのんでも、体重がすぐには変化しないので、暴飲暴食を避け、ゆっくり噛んで、ゆっくり飲み込むことで、確実になりたい自分へ近づけていることと思いますので頑張ってください。

コメント