30代女性のダイエット|炭水化物置き換えダイエットとスクワット運動試してみる価値あり!

30代女性のダイエット|炭水化物置き換えダイエットとスクワット運動試してみる価値あり! 30代女性のダイエット
スポンサーリンク

炭水化物置き換えダイエットとスクワット運動とその内容

炭水化物が大好きで毎食、食べ過ぎていたので、炭水化物を他のものに置き換えるダイエットをしました。

炭水化物を抜くだけでかなり、ダイエットできるのではないかと、思ったからです。

お腹まわりが、すごく気になっていたので、炭水化物をヘルシーなものに置き換える方法を選びました。

置き換えたものは大好きな納豆。

他に大根を薄切りにしたもの、キャベツの千切りなどです。

運動も多少はしないと効果がないと思ったので、スクワットを取り入れました。

とにかく、下半身にお肉がついてしまったので、おしりから太股、ふくらはぎに効果があるスクワットを実行。

やり方も本などを見ながら自分でアレンジしてやってみました。

右手を壁など、軽く何かにつかまり、左足を大きく上に高く上げます。

この時、足は真っ直ぐ伸ばすのがポイント。

そのままの状態から今度はゆっくり横に移動し、最後に後ろへ足を移動させていきます。

1度足を下ろしてリラックスしてまた同じ事を繰り返します。

5回ほどやるとかなりキツいです。

その後、右足も同様に行い、休むことなくふくらはぎの上げ下げ運動に入ります。

これは、かかとを上げる下げるを繰り返すだけの簡単な運動。

50回位が目安です。

炭水化物置き換えダイエットとスクワット運動に行った対処方法、工夫、楽しみ方や苦労と結果

とにかく大好きな炭水化物を食べることができないのが、とても辛かったです。

はじめのうちは、明日からはじめよう、と自分で決めていたのに、炭水化物の誘惑に負けてしまい、なかなかダイエットを開始することができずに苦労しました。

置き換えを1つではなく、何種類かにしたので、飽きずに続ける事ができました。

納豆が大好きなので、メインに食べていましたが、味付けをかえて、美味しく食べることに成功。

醤油だけではなく、ゴマ油と塩、や味噌、めんつゆなどで味の変化を工夫しました。

また、おかずは何を食べてもOKにしたので、揚げ物、焼肉など、食べたいものを自由に食べていました。

おかずは毎回の楽しみに。

外食も誘われた時は断らずにこれまでと同じように行きました。

外食するときだけはダイエットの事を忘れて、炭水化物を食べてもよいという、ルールにしたのです。

その代わり、食べてしまった分は、おかずで調整。

外食後、1日はおかずを減らす工夫をしました。

我慢ばかりではないので、ストレスも溜まらす、楽しくダイエットすることができました。

やはり、ストイックになりすぎると、途中で挫折し、ドカ食いなどに走ってしまう可能性が高いので、少しだけ、あまいルールを取り入れました。

炭水化物置き換えダイエットとスクワット運動ダイエットをしてみようと思っている方へおすすめやアドバイス

ダイエットは本当に大変で意志が強くないと始められないですし、続きません。

実際、私もそうでした。

明日から始めればいいやとあまい考えで、毎日それの繰り返し。

いったい、いつからダイエットを始めるの?と何度も思いました。

私は絶対に痩せたい理由があったので、とにかく自分の太っている姿を写真で撮りまくりました。

今の自分がどんなに太っていて醜いか、もっと自分にわからさせる為に。

それで、ようやくダイエットをはじめる事ができました。

今の自分には絶対に着れない服を1着だけ、購入し、この服が着られるまで頑張ろうと思いました。

とても可愛いワンピース。

はじめのうちは本当に着られるのかな?と半信半疑でダイエットしていましたが、徐々に体重が落ちていき、着られるのも夢ではないかもと思うようになり、かなり励みになりました。

ダイエットはあまり無理をしすぎない事が大切だと思います。

自分の身体と相談しながら続けていくと、きっと挫折せずに最後までダイエットをやりきる事が出来ると思います。

我慢ばかりではなく、時には頑張ったご褒美を自分にあげてください。

ストレスが溜まってきたと感じたら、早めに対処した方がよいと思います。

少しだけ、あまいルールを考えてみて下さい。

コメント